コンタクトを装着

コンタクトレンズの正しい装着方法、あなたはご存知ですか? - 実際に装着するコンタクトの種類の説明

実際に装着するコンタクトの種類の説明

コンタクト…という名前を眼科や眼鏡屋、現在ではドラッグストアなどでも見ることができると思います。また、テレビ番組や雑誌などでも取り上げられており、それを見てコンタクトにしてみようと思い立つ人もいるでしょう。しかし、実際選ぼうとすると種類がたくさんあってどれを選べばいいか分からなくなってしまうのでないでしょうか?そこで、簡単に種類の説明をしましょう。

■ハードコンタクト

一般的に知られているイメージが多いのはこのタイプではないでしょうか?プラスチックのような固いレンズで、乱視が酷い人や、常時装着したいという人には薦められるタイプです。
酸素をしっかりと通すことができるので装着時もあまり圧迫感がなく、また、長期的に使用することができます。しかし、毎日のケアが必要になります。そして、ハードコンタクトレンズを紛失したり破損するとすぐに取り換えが不可能ですので、眼鏡を作っておく必要もあります。

■ソフトレンズ

・ワンデータイプ

一日だけの使い捨てタイプです。使用したい時に使用できるので、手軽に使えます。普段はメガを装着している人や、遠くを見なければいけない用事の時などに利用できます。また、スポーツの時などに利用する人も多くいます。

・マンスリー・一定期間タイプ

1週間、2週間など使用期間が定められているタイプです。ワンデータイプよりも長い間使用することができます。また、経済的にも手軽に使用することができます。こちらも外したときにはケアが必要となります。また、ある程度の長期間使用することのできるタイプもあります。
これらのタイプは自分の装着期間を調べてみて決定しても良いですし、選びきれなかったら眼科医などに相談してみると良いでしょう。
コンタクトレンズには寿命があります。また、寿命が来ていなくても、不良があれば取り換える必要があります。以下に紹介する項目の中で、現在コンタクトを使用している人は一つでも当てはまったり、少しでも心当たりのある人はすぐに眼科医に行って検査を受けましょう。
コンタクトを持っていない、と言う人は、しっかりと覚えて、気を付けるようにしましょう。

■使用期限の過ぎたものを使用していないこと

rhtrstr
コンタクトレンズには使用期間が必ず示されています。特にソフトコンタクトレンズやカラーコンタクトには、個別パッケージの表面に記載されています。ほかの文章などは英語で書かれていることが多いですが、使用期限は数字で書かれているのですぐにわかるでしょう。「まだ大丈夫」と自己判断をせずに、どんなにたくさんストックがあっても、使用期限を過ぎていたら捨てるようにしてください。

■きちんとしたケア用品を使用していないこと

これはハードコンタクトを使用しているひとに多いのですが、装着に支障がないからといって水道水をケア溶液がわりに使っていませんか?たしかに、ハードコンタクトは思わず外れてしまったときの対処法として、水道水で洗って装着し直すことが可能です。しかし、水道水は保存液・洗浄液かわりにはなりません。それどころか水道水に含まれる微生物のせいで雑菌を塗り付けていることにもなります。保存液は少々割高に感じるかもしれませんが、きちんとした商品を使用してください。

■定期検査に行かないということ

眼科で初めてのコンタクトの処方をしてもらった時に、「定期的に健診に来てください」と必ず言われます。これを聞くと、定期的の期間がわからなかったり、強制ではないから、といってサボってしまったりするかもしれません。
眼科の定期健診では、コンタクトを着用して普段を過ごすことによって、以前よりどのくらい害があるかを調べてくれますので、これからのことを考えると必ず行った方が良いでしょう。定期健診によって、大きなトラブルを回避することができます。もし、定期健診に行かないままコンタクトを着け続け、知らないうちに病気になったら嫌ですよね。検診はそんなに時間もかからないので、気軽に行きましょう。
以上のことが最低限守ってほしい事柄です。ほかにも細かく分けるとたくさんの注意事項がありますが、そのどれもが普段ちょっと気を付ければいいようなことです。ちょっとしたことで、眼のトラブルを起こさないように気を付けましょうね。